きぬたや

2008年10月10日

「きぬたや」のゆかた

cbf24ecb.jpg

絞りの世界では、有名な「藤娘 きぬたや」の総絞り浴衣(国内手絞り)です。
月末にハワイで着るのに染織工芸まさやさんで買いました。

ハワイで着るきものについて相談しましたら
かっこいいのがあると・・・
5月に着物ブログで紹介されているものですが
幸運にも残ってて
仕立てあがっていてサイズも合うので間に合います。
これもご縁ですね。

ユカタは、赤の地染めをした上に絞り加工をして、
藍で染めていますので、赤と、濃い青紫になるのでしょうか。

きぬたやの綿着尺は、絞りの技法が、 
 桶絞り、(四角に絞るのが一番難しい) 
 巻き上げ絞り、 
 竜巻絞り、 と高度なのが使われていて、

これを、絹地に行ったら、200万以上になるそうです。すごいです〜
12万で販売されてたものらしいですが
ずいぶんおまけしてもらっちゃいました。
64689b30.jpg

ゆかたに合わせてもらった
博多献上柄の、ハイネス(汚れ防止、シワ防止加工)紗織の(絹)八寸帯(白地)
正確には、 両もじり紗献上といって
市場では、5〜6万ぐらいで販売されているそうです。

楽しみです。
かっこよく着れるといいな♪
続きを読む

kimononetsu at 23:09|PermalinkComments(0)