早春の京都へ 6 〜散策&花灯篭〜天皇の料理番

2015年05月24日

早春の京都へ 7 〜京都での宿〜

5efc22d9.jpg娘と二人旅(3月初めの話です)

京都での宿泊先に私が選んだのは

伏見長家

ホテルや旅館ではなく、1日1組限定での、

2階建て長屋の1軒貸しというもの。

スタッフは常駐せず、チェックインの時に定期賃貸契約にサインをして宿泊します。

私たちは1泊だけでしたが、キッチンもあるので

数日滞在するのも楽しいと思います。

オーナーさんの心配りが素晴らしく、本当に至れり尽くせりの宿でした。

楽天トラベルアワード2014で賞をとられたというのも納得できます。

日本髪の娘と二人、人目を気にすることもなく、リラックスできました

宿の特徴にある、京都を詳しく案内できるガイド(京都検定2級以上)さんというのが

オーナーご夫妻の奥様のことで

私たちは翌日城南宮にご一緒できて

案内していただきました。

隅々まで清潔感あふれる宿なので

伏見近辺の観光も兼ねておすすめできるお宿です。

e9ffd7f2.jpg35bfbb6a.jpg左)チェックアウト前に
伏見長家の前で

右)2階の寝室

kimononetsu at 00:26│Comments(2) 旅の思い出 

この記事へのコメント

1. Posted by としちゃん   2015年05月24日 18:31
ここ、二人で泊まるならいいですね。
オーナーさんが案内してくれるというのも、嬉しいですよね。
知らないところでは、そこの住人のガイドがあると助かりますね。
いいところを探したわね。
2. Posted by 龍 更紗   2015年05月25日 00:11
としちゃん、この宿は二人では広すぎるぐらい。オーナーご夫妻がもともとお持ちだった古い町家を改築されたそうです。たまたま見つけて、レビューがよかったので決めたのですが、ラッキーでした。伏見近辺もまたゆっくり行ってみたいと思いました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
早春の京都へ 6 〜散策&花灯篭〜天皇の料理番