2015年01月05日

縞と格子の能州紬

2014-12-27-16-11-49
着物だけをクローズアップ

してみました。

この時に買って

お直しが終わってから

1年寝かせてしまい

ピアノライブに初おろしした着物です。

自分でもとっても気に入ってます
(お気に入りベスト3に入りました)が

お会いした方にもほめていただきました

同系色のコーデにしたので

全身緑色(笑)

たまたま別で手に入れた能州紬の帯

同じ色が入っています。

BlogPaint緑色といってもいろんな色が入っているので

複雑な色・・・

能州紬は海草染+草木染ですが

まさに海を感じる色です。

能州紬独特の色と艶が大好きなので

上島洋山さんが体調を崩されて、

新しい作品を作ってらっしゃらないというのは

本当に残念です。。。

袖の部分を見ていただくとわかりますが

反幅の半分強が格子で

半分弱が縦縞になっています。

おくみに縞をもってきて

衿が格子です。

生地のとり方がいいね、とhata no neのアドバイザーさんに言われました。

詳しい方は自分で柄の配置を指定してもいいと思いますが

「お店の担当者を信頼して任せると

一番いい配置を一生懸命考えてくれる」ものだそうですよ。



kimononetsu at 00:09│Comments(4)私のキモノ 

この記事へのコメント

1. Posted by 一人靜   2015年01月05日 06:26
明けましておめでとうございます。
本当に着てみたくなる良い柄ですね。
2. Posted by 龍 更紗   2015年01月05日 07:57
一人静さん、あけましておめでとうございます☆彡 ありがとうございます、嬉しいです(*^^*)
今年は川越にも行ってみたいと思っています(^_^)v今年もよろしくお願いします。
3. Posted by としちゃん   2015年01月05日 09:35
kimono熱さん、この紬は神楽坂のなかむらさんのイベントの時のだったのね。
あの時、初めてお会いしたのですが、熱心にお直しのことを聞いていらっしゃったので、きっととても気に入られたのだろうと思っていました。
kimono熱さんの雰囲気にぴったりですね!
能登に足を向けては寝られませんね。(笑)

hata no teは、私が通りかかる時はいつも閉まっていて、なかなかご縁がありません。
今度、都合が合えば、川越にご一緒しましょうね。
4. Posted by 龍 更紗   2015年01月05日 09:48
としちゃん、そうなんですよ♪ あの時に一目ぼれしました。大事にしてたら1年経ってしまいました ほんとに能登に足を向けて寝られません。感謝して着てます
川越は是非ご一緒したいです。今年もよろしくお願いします!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字