2014年11月07日

大島のシマシマ道中着

BlogPaint先日、かわの屋さんで

秋山さんのものには手が届かなかったのですが

ステキな道中着を見つけて

お持ち帰りしました

大島紬の着物を

かわの屋さんで道中着に仕立て替えたものです。

全体の写真は着たときにアップしますので

部分写真だけ。(上から順に拡大写真です)

シマシマであります(笑)

今度は縦縞〜


BlogPaint道中着のコーナーに

綿さつまや浦野さんの縦節紬など

素晴らしいものがコッソリあったのですが

その中で目を引いたのがこの藍色

深い深い藍に薄紫の絣糸で柄があらわされています。

この部分は縦絣のようですが

アイボリーの部分は縦横(一元)絣です。

絣については家に帰ってから確認したので

購入のポイントではなく

着たときのスッキリした着姿に惚れての購入です。

この縦縞は

着てみると意外にキツくもなく

洒落ものの上にはバッチリ合うと思います。

かわの屋さんで着物が紹介されています

紬屋吉平さんの大島紬です。

今まで知らなかった「紬屋吉平」

メーカーでも問屋でもなく、

銀座で180年続いた(今はもうありません)呉服屋さんだそうです。


浦沢月子さんという女将さんがとても有名な方で

本も出されているようです。







kimononetsu at 00:14│Comments(2)私のキモノ 

この記事へのコメント

1. Posted by 大山   2014年11月07日 01:28
先日はかわの屋さんにご一緒できなくて残念でした。浦沢さんのこの本は昔手に入れて今でも時々見る素敵な本です。一度ご覧あれ。

道中着のお持ち帰りまた拝見するのが楽しみです。
2. Posted by 龍 更紗   2014年11月07日 06:36
大山さん、秋山さんの作品はたくさん展示されていて見応えがありました。ひとりで3周ぐらいしてしまいました(笑)私が行こうと思ったのが当日の仕事中でしたので・・・次回は早めにお誘いしますね〜
実はこの本Amazonですぐ購入し、届くのを待っているところです。楽しみです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字