おすすめ夏帯締めあこがれの上布いろいろ〜その1(宮古上布-1)

2014年07月24日

ブローチを簪(かんざし)に

ブローチを帯留にできる金具は持っていますが

ブローチを簪にできる金具は知らなかったので

覚え書き

ブローチの使い方が広がります

浅野屋呉服店さんで取り扱われているのは

価格はお高い(税込10260円)のですが

宝飾品の業者さんが扱う銀製の商品ということで

高級品です〜

先端の2つのリングの内側には
シリコンが取り付けられており、
ギュッとブローチの針を通してもらい、
リングの外側で、針を
ブローチ本体に付いている留め金具で固定します
とのこと



きもの屋小町さんで取り扱いがあるのは

お手軽タイプ(税込518円)

付けたときに、それほど見えるわけではないので

こちらで試してみるのもいいかな


シリコンキャッチャー(税込54円)も一緒に買っておくと安心ですね。



kimononetsu at 09:59│Comments(2) HOW TO 

この記事へのコメント

1. Posted by リリー   2014年07月27日 00:56
まあ! 便利ですね
私は以前髪が長かった時には、しっかり髪を結ってから、直接ブローチを髪にとめたりしていました。スプレーで固めた髪だと布にとめるみたいにブローチをとめても大丈夫だったのです。
でも、かんざしの足がついている方が素敵ですよね
2. Posted by 龍 更紗   2014年07月27日 07:34
リリーさん、そういう方法もアリですね。考えつきませんでした〜ずっと短い髪でしたが、最近かなり伸びてきたので髪飾りにも目が行くようになりました。簪のちょっと見える足も奥行きが感じられていいですよね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おすすめ夏帯締めあこがれの上布いろいろ〜その1(宮古上布-1)