唯一無二之会 @銀座再開します^^

2014年02月12日

唯一無二の織物たち

b905596e.jpgきのう、別件で都心に出たので

銀座に寄り、先日ご紹介した

唯一無二之会に行ってきました。

着物を着たかったのですが

私の家の辺りはまだ足元が悪く洋服です。

銀座の画廊なので

ちょっと入りづらい雰囲気かもしれません

主催者の方たちは、とっても気さくな方なんですが

みなさん正装でビシッと決めてらっしゃいますので

ちょっとよそゆき感ありますし

スーツ姿の問屋さんが商談にいらしてたり・・・

ちょっと緊張感ありました(笑)

画像1上:左から着物愛好家のNさん、私、龍田屋(結城紬)の藤貫さん

下:一番右は関絹織物(大島紬)の関さん

写真には写ってないのですが

中川織物(大島紬)の中川さんと

縞屋(結城紬)の井上さんとも

いろいろお話して楽しかったです。

広島から正ヤさんもいらしてました。

マニアックな説明をしてくださいますよ。

今回びっくりしたこと2つ

☆中川織物さんの精緻な160亀甲絣の着尺が飾ってあったのですが

一番の若手が織られたとのこと。

一番の若手って何歳だと思います?

63歳だそうです。

それより若い後継者はいないのだとか・・・

この素晴らしい技術の継承はいったいいつまでできるのでしょうか。

☆縞屋さんには、かわいい結城紬の八寸帯が置いてあったのですが

八寸帯は横糸を束にして織るので着尺と変わらないぐらいの糸を使うのだそうです。


ここでしか見られないとても素晴らしいものが沢山ありますし

作り手のこだわりを聞くのはとても楽しいです。

今週土曜日までです。

kimononetsu at 23:13│Comments(0) イベント情報 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
唯一無二之会 @銀座再開します^^