記事の訂正です保護者会に着物で

2014年10月13日

木綿着物ですが

20130813o 044大正時代まつりに着て行った着物

産地不明の木綿着物です。

一年前に

一応「本さつま」ということでヤフオクで落札しましたが

サイズも小さいので、プチプラ

本当のところは証紙もないので、判断ができません。

ただ、糸はかなり細いです。

fe4611d8.jpg12ef15fb.jpg

比較する左が遠州木綿です。

肌触りも、遠州木綿はごわごわガバガバしていますが、この着物は滑らかな着心地です。

木綿なんですが、袷で仕立てされていて

裏は化繊の胴裏と八掛がついています。

表が木綿で裏が化繊の場合、家で洗濯は可能なんでしょうか?

ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください


小さいなと思いながら、襦袢を安全ピンで留めて着て

帰ってきてサイズを確認してびっくり

今の私の着方だとピッタリだった身丈は152 cm(私の身長161cm)

裄は短いとは思ってましたが、なんと 裄 62 (5cmも短い

それでも、そんなにヘンではなかったような・・・

着心地はとてもよかったし

評判もよかったので、そのうち仕立て替えしようかと思っています。


下書きで本さつまについて書いてましたので

参考までに載せておきます。


本さつま(永江本さつま)とか綿さつまと呼ばれる木綿着物があります。

木綿とはいっても、糸が細く高価なものです。

宮崎の大島紬の織元さんでもある東郷織物さんで作られてます。

参考:白木屋呉服店さんの過去の一点の記事
薩摩絣の着尺 2013/05/27
永江明夫作の薩摩絣の帯 2013/05/30





910734_combi0

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



kimononetsu at 12:38│Comments(2) 知りたいを調べる | 私のキモノ

この記事へのコメント

1. Posted by としちゃん   2014年10月14日 06:44
kimono熱さん、とてもよくお似合いでしたよ。
大正時代祭の雰囲気にぴったりでした。
見た目では、そんなにサイズがおかしいとは思わなかったわ。でもそのサイズだと私くらいですね。着方が上手なのね。
裏が付いていると、着やすいでしょう。
私も木綿には大きな居敷当てを付けてもらっています。
2. Posted by 龍 更紗   2014年10月14日 08:43
としちゃん、ありがとうございます♪としちゃんサイズだと思うと着物って不思議ですね〜。洋服だったら絶対にありえないですよね。
裏が付いているせいか、木綿ということを忘れてしまうぐらい着やすかったです。これで家で洗えたら最高なんですが。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事の訂正です保護者会に着物で