いいお天気だったので着付けのデモンストレーション

2012年11月14日

訪問着なのに

ヤフオクに出品されている訪問着ですが

一枚目と二枚目の写真を見て

何か変だな〜と思って

間違い探し・・・

これ、仕立上がっているリサイクル訪問着です・・・

訪問着とは・・・(ウィキペディアより)特徴として「絵羽」と言われる模様づけがある。これは最初に生地を採寸通りに裁断して仮縫いし、着物として仕立てた時点でおかしくならないよう絵を描いた後、再びほどいて染色作業をするもので、柄づけは、帯の上にも下にも柄があり、そのすべてが縫い目をまたいでつながるのが特徴、これが付け下げとの最大の違いである。(付け下げは、柄がつながらない)

もちろん、最近は柄の少ない訪問着も多いのですが・・・柄があったらつながるはずなんです。

でも、この訪問着、胸の柄が衿につながっているようでつながっていない・・・菊の花は完全に切れてしまっている。

汚してしまってかけ衿を変えたのか・・・そのことについての記述はないのですが

この部分、一番目立つところだと思うので・・・おすすめしないですね〜。

あまり状態もよくないようなのに、すでに1万円超えているのはとっても不思議



kimononetsu at 13:28│Comments(5) ないしょ話 

この記事へのコメント

1. Posted by リリー   2012年11月14日 16:48
こ、これはイカンでしょ〜。訪問着として着られません
私が以前買ってしまった訪問着は衿が完璧に無地だったので返品させていただきました(http://blogs.yahoo.co.jp/lilywhilewalking/4176748.html)が、それはオークションの時に写真掲載がなかったからだと思います。
この着物は衿部分の写真がちゃんと載っているので、衿の柄がつながってないからと言って返品するのはできないですよね〜。
それにしても・・・・棒(枝?)一本だけがつながっていて、後の柄は全部切れてますねぇ・・・  入札している人は気づいてないのかしら??
2. Posted by 龍 更紗(kimono熱)   2012年11月14日 22:46
リリーさん
イカンですよね〜かっこ悪すぎです。
出品者は去年あたりから急成長したストアですが、もちろんプロとして「わかってて」出してると思います。説明文には書いてませんが、写真もよくわかるように載せてますし・・・わからなかった人の自己責任ということなんでしょうか・・・?(私は書くべきと思いますが)
水色は色あせしやすい色ですし・・・染めはよさそうなので残念なきものです。
こういうところも見てほしいという点で、写真を載せたいところなんですが・・・できないので残念です。
3. Posted by プチみろ   2012年11月15日 11:26
私もみましたー
どこか変?仮絵羽かな?と思っていたんですが、着物に仕上がっていたんですね。
こういうのは、作家さんの意図を全く汲んでいなくて、堂々と名前を出しているのは作家さんにお気の毒と思います。
義母も着物を縫う仕事をしていましたが、数ミリの違いで絵が繋がらなくなるので、いせたり延ばしたりして絵を完成させていましたよ。
何でしょうね〜どうしてこうなったのかね?
4. Posted by プチみろ   2012年11月15日 11:29
作家さんの名前じゃなく落款でしたw
5. Posted by 龍 更紗(kimono熱)   2012年11月15日 23:15
プチみろさん
やっぱりぱっと見て??って思いますよね・・・もともとのかけ衿ではないものが何らかの事情であそこにあるんだと思うんですが。
森光子さんがお亡くなりになって、生前の映像が流れますが、お着物姿も多くて、美しい柄の訪問着もいくつか・・・とってもステキです。衿から胸へと柄がど〜んと出るあの部分は、顔の近くで一番目立つところだなと・・・思いながら見てました。
着物を仕立てる方も、いろんなところに気をつけながら縫われるんですね。いろんな人の思いの集大成なんですね。それがどうして・・・ほんと残念です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いいお天気だったので着付けのデモンストレーション