2011年12月31日

山城機業店 〜今年最後の覚え書き

洛都さんでステキだなあと思ってた帯があって

説明に
表地、裏地共に同じ地合を使用し、同じ職人が、同じ機で製織しています。
そうする事で、表地、裏地が相違なく、柔らかな手触りと、しっとりとした風合いです。
丹後出機が主流の中、西陣産地内自社生産される数少ない老舗織屋です。とあり、

それが山城機業店さんのもので、興味を持っていたのですが


たまたま訪れたページで、上品で美しい着姿にビックリした

日本橋きもの倶楽部主催者のつむぎさんの締めてらっしゃる帯

山城機業店さんのもの・・・というのを読んで

今年最後の覚え書き・・・

山城機業さんのホームページには

知りたいと思っていた唐織の説明もあり勉強になります

帯の品質について、先日もkoichiさんにお話を伺ったところですが

こういうところで違いが出てくるんだろうな・・・と

いつかは、ここの帯を品よく締めたいなあと思います。


いろいろなことがあった2011年ももうすぐ終わります。

今年一年、ご縁のあったすべての人に感謝して

新しい年を迎えたいと思います





商品詳細

大特価!88800円山城機業能装束唐織袋帯 限定仕立(綿芯)付き!

手持ち在庫限定仕立込み価格(綿芯)仕立付き返品はお受けできません。

西陣を代表する織物「唐織」は綾織地の上に多彩な色糸を使い、柄を刺繍のように縫い取りで織り出す技法で、錦地の中で最も高級とされる織物です。
古くは将軍など限られた人の装束や能衣装として用いられており、現代でも能の女役の上着類は見事な唐織です。

昔からの本物の唐織の条件に軽くしっかりと張りのある錦地に、豊かなボリューム感のある浮糸の絵緯で織られたものというのがあります。
唐織は、経糸(たていと)に生経(きだて)という、未精練の絹糸を用い、また、緯糸(よこいと)は練り糸を水に浸して織ったものでした。
反面サシ、筋が発生しやすいため、しなやかな精錬糸にて織あげられています。

西陣山城機業 能装束唐織袋帯 雪輪青海文六通。
生なり白汚し錦地、かるくてしなやか滑らかな風合い最高の品物。
表地、裏地共に同じ地合を使用し、同じ職人が、同じ機で製織しています。
そうする事で、表地、裏地が相違なく、柔らかな手触りと、しっとりとした風合いです。

丹後出機が主流の中、西陣産地内自社生産される数少ない老舗織屋です。

〔品質〕
◆西陣織工業組合品質表示証紙 216番
◆メーカー:山城機業店 謹製
◆生地:絹93%
■幅:約31センチ
■長さ:約435センチ
■色柄:生なり白汚し 雪輪青海文

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



kimononetsu at 09:49│Comments(0)知りたいを調べる | 欲しいものリスト

コメントする

名前
URL
 
  絵文字