卒業式でkimono三昧の21日〜その2

2010年03月24日

kimono三昧の21日〜その1

日曜日のことになりますが

kimonoづくしの一日を過ごしました

夜中の嵐で珍しく寝不足の朝

がんばって着物を着て、小伝馬町へと出発

日本和装の10:30からの「大人の夏着物セミナー」に参加しました

ちょっと遅れてしまったので、最初のほうの説明が聞けなかったのですが

外与(とのよ)さんという問屋さんでたくさんの夏物が見れました


お買い得セットとして

夏の着物(小紋or麻)と夏の襦袢と帯、帯締め帯揚げの5点セットで20万円

ちょっといいもので着物と帯の2点セットで35万円

というのもありましたが・・・

私はいろいろな夏物が見たかったのと、価格調査が目的なので

もっぱらフリーで見てまわってました。


途中、和装の社員の女性と少しお話したのですが

「今日は何を探しに(買いに?)きたんですが?」との質問に

「特に・・・いろいろ見たかったので来ました

で、会話終了

買う気満々の方たちの着装姿を見ながら

楽しみました

夏御召を濃い色の襦袢で単衣で着てもいいかどうかを聞いたら

「着物持ってないんだなって思われますよ

との答えに

「・・・」


ちょっといいなと思った小千谷ちぢみは80まんえん

20万円セットのものは麻でも小千谷じゃない、似たもの

セット以外は聞くのも怖いお値段のものが多かったです

UNI_0217おみやげもらって

退散しました

感謝です

kimononetsu at 10:04│Comments(0) 日記 | 日本和装

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
卒業式でkimono三昧の21日〜その2